Loading...
Official Contestスティレット×M.S.Gミキシングコンテストスティレット装備拡張プラン試験FRAMEARMSxMSG
array(24) { ["regimgfront"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5080" } ["regimgside"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5081" } ["regimgback"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5082" } ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(184) "a:9:{i:0;s:7:"mainimg";i:1;s:8:"frontimg";i:2;s:7:"sideimg";i:3;s:7:"backimg";i:4;s:8:"subimg01";i:5;s:8:"subimg02";i:6;s:11:"regimgfront";i:7;s:10:"regimgside";i:8;s:10:"regimgback";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(180) "a:3:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:13:"admin_mail_to";s:83:"senden@kotobukiya.co.jp ,shingo@kotobukiya.co.jp ,sora-yanagimachi@kotobukiya.co.jp";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(16) "tk7260@gmail.com" } ["styletname"]=> array(1) { [0]=> string(74) "SA-16ExC スティレット宙間強襲用カスタム ジャベリン" } ["comment"]=> array(1) { [0]=> string(1113) "上層部より、宇宙空間における超長距離から、敵基地・敵艦隊への強襲を可能とする機体の開発を要求された開発部が 要求を満たすスペックを追求した結果 開発された機体。 4基のレイジングブースターが生み出す強烈な加速力 強力かつ多彩な火器による殲滅力など カタログスペックは、上層部を大いに喜ばせた。 しかし、その性質上 パイロットに高い技量を要求し さらに 大量の推進剤を必要とする燃費の悪さ等の問題もあり 結果、本採用には至らなかった。 ちなみに、開発部が投げやり気味に作った為 皮肉を込めて ジャベリン『投げやり』と名付けられた。 その重量に耐えられず、フライングベースのピンが折れましたw レイジングブースター4基載せがやりたかった! 両肩のブースターは分離し、無人機として運用可能です。 背面からの7本のプロペラントタンクがお気に入りです。 " } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5934" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1602559751:2" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "2" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(12) "キリュウ" } ["blocks"]=> array(1) { [0]=> string(80) "1. 頭部,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,7. 右膝上,8. 左膝上,9.腰部" } ["parts"]=> array(1) { [0]=> string(572) "フレキシブルアームA×1 フレキシブルアームB×2 プロペラントタンク 丸 ×4ジョイントセットA ×2 ジョイントセットB ×2 エクスアーマーB ×2エクスアーマーD ×1 ジョイントセットD×1 マルチミサイル ×2バトルランス×1 連装砲×3 バリスティックシールド ×1エクスキャノン×1 グレイヴアームズ×1 エクシードバインダー×2キラービーク×1 セレクターライフル×1 レイジングブースター×2" } ["mainimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5074" } ["frontimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5075" } ["sideimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5076" } ["backimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5077" } ["subimg01"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5078" } ["subimg02"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5079" } ["jyusyousp"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["jyusyoupc"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["ogp_image"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5933" } }

title SA-16ExC スティレット宙間強襲用カスタム ジャベリン
user name キリュウ
blocks 1. 頭部,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,7. 右膝上,8. 左膝上,9.腰部
Parts used フレキシブルアームA×1 フレキシブルアームB×2 プロペラントタンク 丸 ×4ジョイントセットA ×2 ジョイントセットB ×2 エクスアーマーB ×2エクスアーマーD ×1 ジョイントセットD×1 マルチミサイル ×2バトルランス×1 連装砲×3 バリスティックシールド ×1エクスキャノン×1 グレイヴアームズ×1 エクシードバインダー×2キラービーク×1 セレクターライフル×1 レイジングブースター×2
comment

上層部より、宇宙空間における超長距離から、敵基地・敵艦隊への強襲を可能とする機体の開発を要求された開発部が
要求を満たすスペックを追求した結果
開発された機体。

4基のレイジングブースターが生み出す強烈な加速力
強力かつ多彩な火器による殲滅力など
カタログスペックは、上層部を大いに喜ばせた。

しかし、その性質上 パイロットに高い技量を要求し
さらに 大量の推進剤を必要とする燃費の悪さ等の問題もあり
結果、本採用には至らなかった。

ちなみに、開発部が投げやり気味に作った為 皮肉を込めて
ジャベリン『投げやり』と名付けられた。

その重量に耐えられず、フライングベースのピンが折れましたw

レイジングブースター4基載せがやりたかった!
両肩のブースターは分離し、無人機として運用可能です。
背面からの7本のプロペラントタンクがお気に入りです。