Loading...
Official Contestスティレット×M.S.Gミキシングコンテストスティレット装備拡張プラン試験FRAMEARMSxMSG
array(24) { ["regimgfront"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5410" } ["regimgside"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5411" } ["regimgback"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5412" } ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(184) "a:9:{i:0;s:7:"mainimg";i:1;s:7:"sideimg";i:2;s:7:"backimg";i:3;s:8:"subimg02";i:4;s:11:"regimgfront";i:5;s:10:"regimgside";i:6;s:10:"regimgback";i:7;s:8:"frontimg";i:8;s:8:"subimg01";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(180) "a:3:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:13:"admin_mail_to";s:83:"senden@kotobukiya.co.jp ,shingo@kotobukiya.co.jp ,sora-yanagimachi@kotobukiya.co.jp";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(20) "zono.kyudo@gmail.com" } ["styletname"]=> array(1) { [0]=> string(42) "SA-16Ex スティレットアングリフ" } ["comment"]=> array(1) { [0]=> string(1375) "機体コンセプト本機は背部の巨大バックパックの推力を活かした前線への展開、多数の火器を利用した地上部隊への火力支援および対TCS搭載機体との戦闘を目的としている。 機体解説SA-16Ex スティレットアングリフは背部大型バックパックによる推力及びジェネレーター出力強化を施した高火力試作機である。バックパックはパージする事で偵察や機体本体との連携が可能となっており、パージ中は下部に取り付けられた高性能レーダーで味方とのデータリンクを行うまた、一応の変形機能を有しているが長距離航行形態から人型への変形のみで、戦闘中に一度限り可能となっている。武装は対TCSを見越し、手持ちのレーザーカノン兼レーザーランス、バックパック及び肩部のレールガン計4門、バックパックのパージ中に使用可能なレーザー砲1門などの現在で搭載可能な高火力武器を詰め込んでいる。機動力はバックパックのおかげか最低限維持は出来ているが運動性は各種装備の大型化により低下している。シュミレーターによる対人模擬戦闘では、ウェアウルフ系統の混成中隊を全機撃破する成績を収めている。" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5927" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1602480354:2" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "2" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(6) "ゾノ" } ["blocks"]=> array(1) { [0]=> string(119) "2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,7. 右膝上,8. 左膝上,9. 腰部,10. 右膝下,11. 左膝下" } ["parts"]=> array(1) { [0]=> string(567) "メガスラッシュエッジ キラービーク エクシードバインダー ディテールカバーA プラユニットP-148 ケーブル ベクタードスラスターA マルチミサイル エグゼニスウイング バトルランス ジョイントセットA ジョイントセットB フレキシブルアームB プロペラントタンク角 ガンブレードランス ソリッドラプター レイジングブースター 連装砲 リボルビングバスターキャノン フォールディングアームズ" } ["mainimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5406" } ["frontimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5413" } ["sideimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5407" } ["backimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5408" } ["subimg01"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5414" } ["subimg02"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5409" } ["jyusyousp"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["jyusyoupc"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["ogp_image"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5928" } }

title SA-16Ex スティレットアングリフ
user name ゾノ
blocks 2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,7. 右膝上,8. 左膝上,9. 腰部,10. 右膝下,11. 左膝下
Parts used メガスラッシュエッジ キラービーク エクシードバインダー ディテールカバーA プラユニットP-148 ケーブル ベクタードスラスターA マルチミサイル エグゼニスウイング バトルランス ジョイントセットA ジョイントセットB フレキシブルアームB プロペラントタンク角 ガンブレードランス ソリッドラプター レイジングブースター 連装砲 リボルビングバスターキャノン フォールディングアームズ
comment

機体コンセプト本機は背部の巨大バックパックの推力を活かした前線への展開、多数の火器を利用した地上部隊への火力支援および対TCS搭載機体との戦闘を目的としている。
機体解説SA-16Ex スティレットアングリフは背部大型バックパックによる推力及びジェネレーター出力強化を施した高火力試作機である。バックパックはパージする事で偵察や機体本体との連携が可能となっており、パージ中は下部に取り付けられた高性能レーダーで味方とのデータリンクを行うまた、一応の変形機能を有しているが長距離航行形態から人型への変形のみで、戦闘中に一度限り可能となっている。武装は対TCSを見越し、手持ちのレーザーカノン兼レーザーランス、バックパック及び肩部のレールガン計4門、バックパックのパージ中に使用可能なレーザー砲1門などの現在で搭載可能な高火力武器を詰め込んでいる。機動力はバックパックのおかげか最低限維持は出来ているが運動性は各種装備の大型化により低下している。シュミレーターによる対人模擬戦闘では、ウェアウルフ系統の混成中隊を全機撃破する成績を収めている。