Loading...
Official Contestスティレット×M.S.Gミキシングコンテストスティレット装備拡張プラン試験FRAMEARMSxMSG
array(24) { ["regimgfront"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5241" } ["regimgside"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5242" } ["regimgback"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5243" } ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(184) "a:9:{i:0;s:7:"mainimg";i:1;s:8:"frontimg";i:2;s:7:"sideimg";i:3;s:7:"backimg";i:4;s:8:"subimg01";i:5;s:8:"subimg02";i:6;s:11:"regimgfront";i:7;s:10:"regimgside";i:8;s:10:"regimgback";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(180) "a:3:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:13:"admin_mail_to";s:83:"senden@kotobukiya.co.jp ,shingo@kotobukiya.co.jp ,sora-yanagimachi@kotobukiya.co.jp";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(21) "eawes1102@yahoo.co.jp" } ["styletname"]=> array(1) { [0]=> string(41) "SX装備実証試験型スティレット" } ["comment"]=> array(1) { [0]=> string(1915) "バーゼラルドで採用された新技術の概念実証を目的に改修したスティレットです。 「フォトンキャノン」モードがあるエクシードバインダーを「フォトンブースターの燃料タンク兼増設ブースターユニット」として使用するというネタを思いついたので、そこから機体コンセプトと設定を練ってみました。 ----------------------------------------------------------------------------------------------- (機体設定) もともとはスティレットの欠点である火力不足の改善を目的に改修していた機体で、背部にサブアームユニット、腰部にウエポンラックを装備することで携行武装を増やし、増加した重量は脚部スラスターを増設、エンジンを単発から双発にすることで賄っている。 サブアームユニットはフレームアーキテクトと同型のマニピュレータを装備しており、手持ち装備として使用可能な武装であれば持たせるだけで使用可能。 腰部ラックにはハンドレールガン、大型ソードを装備し、遠距離火力、近距離格闘能力も向上している。 上記機体にフォトンブースターの運用試験用として「試作型スラストアーマー」、セグメントライフルの技術実証用に1丁の弾倉をTCS干渉弾に換装した「ダブルサブマシンガン」を追加装備したのが本機である。 「試作型スラストアーマー」はこれ単体でフォトンタンクも兼ねているため、既存機でも無改造でフォトンブースターが使用可能な装備となっている。 ダブルサブマシンガンはTCS干渉弾の1丁と通常弾の1丁を同一地点に対して射撃することで、セグメントライフルの機能を再現している。" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5909" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1602479655:2" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "2" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(6) "111〇" } ["blocks"]=> array(1) { [0]=> string(163) "1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,7. 右膝上,8. 左膝上,9. 腰部,10. 右膝下,11. 左膝下,12. 右つま先,13. 左つま先" } ["parts"]=> array(1) { [0]=> string(434) "ベクタードスラスターA×2、プロペラントタンク〈丸〉×1、エクスアーマーA×1、ジョイントセットA×1、ジョイントセットB×1、ディテールカバーA×1、コンバートボディ×1、エグゼニスウイング×1、ソリッドラプター×1、レイジングブースター×1、エクシードバインダー×2、バーストレールガン×1、サムライマスターソード×1" } ["mainimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5235" } ["frontimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5236" } ["sideimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5237" } ["backimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5238" } ["subimg01"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5239" } ["subimg02"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5240" } ["jyusyousp"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["jyusyoupc"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["ogp_image"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5910" } }

title SX装備実証試験型スティレット
user name 111〇
blocks 1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,7. 右膝上,8. 左膝上,9. 腰部,10. 右膝下,11. 左膝下,12. 右つま先,13. 左つま先
Parts used ベクタードスラスターA×2、プロペラントタンク〈丸〉×1、エクスアーマーA×1、ジョイントセットA×1、ジョイントセットB×1、ディテールカバーA×1、コンバートボディ×1、エグゼニスウイング×1、ソリッドラプター×1、レイジングブースター×1、エクシードバインダー×2、バーストレールガン×1、サムライマスターソード×1
comment

バーゼラルドで採用された新技術の概念実証を目的に改修したスティレットです。
「フォトンキャノン」モードがあるエクシードバインダーを「フォトンブースターの燃料タンク兼増設ブースターユニット」として使用するというネタを思いついたので、そこから機体コンセプトと設定を練ってみました。
———————————————————————————————–
(機体設定)
もともとはスティレットの欠点である火力不足の改善を目的に改修していた機体で、背部にサブアームユニット、腰部にウエポンラックを装備することで携行武装を増やし、増加した重量は脚部スラスターを増設、エンジンを単発から双発にすることで賄っている。
サブアームユニットはフレームアーキテクトと同型のマニピュレータを装備しており、手持ち装備として使用可能な武装であれば持たせるだけで使用可能。
腰部ラックにはハンドレールガン、大型ソードを装備し、遠距離火力、近距離格闘能力も向上している。
上記機体にフォトンブースターの運用試験用として「試作型スラストアーマー」、セグメントライフルの技術実証用に1丁の弾倉をTCS干渉弾に換装した「ダブルサブマシンガン」を追加装備したのが本機である。
「試作型スラストアーマー」はこれ単体でフォトンタンクも兼ねているため、既存機でも無改造でフォトンブースターが使用可能な装備となっている。
ダブルサブマシンガンはTCS干渉弾の1丁と通常弾の1丁を同一地点に対して射撃することで、セグメントライフルの機能を再現している。