Loading...
Official Contestスティレット×M.S.Gミキシングコンテストスティレット装備拡張プラン試験FRAMEARMSxMSG
array(24) { ["regimgfront"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5308" } ["regimgside"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5309" } ["regimgback"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5310" } ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(184) "a:9:{i:0;s:7:"mainimg";i:1;s:8:"frontimg";i:2;s:7:"sideimg";i:3;s:7:"backimg";i:4;s:8:"subimg01";i:5;s:8:"subimg02";i:6;s:11:"regimgfront";i:7;s:10:"regimgside";i:8;s:10:"regimgback";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(180) "a:3:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:13:"admin_mail_to";s:83:"senden@kotobukiya.co.jp ,shingo@kotobukiya.co.jp ,sora-yanagimachi@kotobukiya.co.jp";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(22) "whiteglintun@gmail.com" } ["styletname"]=> array(1) { [0]=> string(33) "スティレット・スティル" } ["comment"]=> array(1) { [0]=> string(2879) "フレズヴェルクの出現により激化した戦場に向け、改造されたスティレットの姿の一つ。 踏み段という意味の「スティル」という名を与えられた本機は、後にスーパースティレットとなるB25タイプの検証機としての役割を持っている。 基本武装はYSA-16の標準装備を継承しており、M645A1 30mmガンポッド、背面へと移設され、コンテナ化されたS67 Mマイクロミサイルを装備している。 また、不足していた白兵戦への対応策として左腕にはレーザーブレードが新たに装備されている。さらに背部ブースターの大出力化、脚部エネルギーコンデンサの増設を行った結果、作戦遂行能力は改修前の180%まで高められている。 その他、肩部には試作兵装として電磁加速砲が装備されている。 武装解説  M645A1 30mmガンポッド 銃身を冷却ジャケットで覆い、連射力の増強と空気抵抗の低下による機動性の向上を狙ったモデル。  60mmガトリングでは威力過剰とされた為、口径のダウンサイジングによるメリットを検証している。  S67 M マイクロミサイル  優れた汎用性を持つミサイルユニット。FAへの装備ならず基地や艦艇の防空戦力などにも用いられている。    試製レールガン「コマンドメンツ」  鹵獲されたラピエール・ゼファーが装備していたレールガンを解析し、製作された装備。  小型軽量であり、威力も非常に高いことから様々な箇所への装備が検討されている。  本機に於いては肩部に装備され、通常時は大型ウイングによる戦闘機動の補助を行い、その中にユニットを仕込む複合ユニットとして活用されている。  大型ウイングおよび上部に装備されたカウルが為すシルエットは、本機を大きく印象付けるものとなっている。 Admiralです。 何年か前、中学生の時にたまたまレビューブログで見つけたMSGサブマシンガンからコトブキヤを知り、流れるようにFAにも手を出して初めて買ったのがこのスティレットでした。 今回参加して感じたのはやはり自分の好きなように改造してさらに俺設定を文字に書き出すのは面白いということですね。公式掲示板(FAのは復活するのでしょうか)にパソコンから投稿していた日々を思い出します。 コンテストを企画してくださったコトブキヤ社員の皆様方に感謝を込めて、これからもコトブキヤプラモで遊び続けたいと思います。これからもよろしくお願いします。" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5868" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1602126102:2" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "2" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(7) "Admiral" } ["blocks"]=> array(1) { [0]=> string(137) "1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,9. 腰部,10. 右膝下,11. 左膝下,12. 右つま先,13. 左つま先" } ["parts"]=> array(1) { [0]=> string(638) "ストロングライフル1キラービーク2ルシファーウイング1グレイブアームズ1ジョイントセットC 1エクステンドハードポイント W 2ショートパイプ 1ユナイトソード1ディティールカバーA 1マルチプルシールド 1ベクタードスラスターA 1ハンドバズーカ 2マルチミサイル 1エグゼニスウイング 1ジョイントセットA 1ジョイントセットB 1アルナイルロッド 1バトルランス 1連装砲 1レイジングブースター 1ソリッドラプター 2プロペラントタンク<丸> 1トライデントスピア 1" } ["mainimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5302" } ["frontimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5303" } ["sideimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5304" } ["backimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5305" } ["subimg01"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5306" } ["subimg02"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5307" } ["jyusyousp"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["jyusyoupc"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["ogp_image"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5867" } }

title スティレット・スティル
user name Admiral
blocks 1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,9. 腰部,10. 右膝下,11. 左膝下,12. 右つま先,13. 左つま先
Parts used ストロングライフル1キラービーク2ルシファーウイング1グレイブアームズ1ジョイントセットC 1エクステンドハードポイント W 2ショートパイプ 1ユナイトソード1ディティールカバーA 1マルチプルシールド 1ベクタードスラスターA 1ハンドバズーカ 2マルチミサイル 1エグゼニスウイング 1ジョイントセットA 1ジョイントセットB 1アルナイルロッド 1バトルランス 1連装砲 1レイジングブースター 1ソリッドラプター 2プロペラントタンク<丸> 1トライデントスピア 1
comment

フレズヴェルクの出現により激化した戦場に向け、改造されたスティレットの姿の一つ。
踏み段という意味の「スティル」という名を与えられた本機は、後にスーパースティレットとなるB25タイプの検証機としての役割を持っている。

基本武装はYSA-16の標準装備を継承しており、M645A1 30mmガンポッド、背面へと移設され、コンテナ化されたS67 Mマイクロミサイルを装備している。
また、不足していた白兵戦への対応策として左腕にはレーザーブレードが新たに装備されている。さらに背部ブースターの大出力化、脚部エネルギーコンデンサの増設を行った結果、作戦遂行能力は改修前の180%まで高められている。
その他、肩部には試作兵装として電磁加速砲が装備されている。

武装解説
 M645A1 30mmガンポッド
銃身を冷却ジャケットで覆い、連射力の増強と空気抵抗の低下による機動性の向上を狙ったモデル。
 60mmガトリングでは威力過剰とされた為、口径のダウンサイジングによるメリットを検証している。

 S67 M マイクロミサイル
 優れた汎用性を持つミサイルユニット。FAへの装備ならず基地や艦艇の防空戦力などにも用いられている。
 
 試製レールガン「コマンドメンツ」
 鹵獲されたラピエール・ゼファーが装備していたレールガンを解析し、製作された装備。
 小型軽量であり、威力も非常に高いことから様々な箇所への装備が検討されている。
 本機に於いては肩部に装備され、通常時は大型ウイングによる戦闘機動の補助を行い、その中にユニットを仕込む複合ユニットとして活用されている。
 大型ウイングおよび上部に装備されたカウルが為すシルエットは、本機を大きく印象付けるものとなっている。

Admiralです。
何年か前、中学生の時にたまたまレビューブログで見つけたMSGサブマシンガンからコトブキヤを知り、流れるようにFAにも手を出して初めて買ったのがこのスティレットでした。
今回参加して感じたのはやはり自分の好きなように改造してさらに俺設定を文字に書き出すのは面白いということですね。公式掲示板(FAのは復活するのでしょうか)にパソコンから投稿していた日々を思い出します。
コンテストを企画してくださったコトブキヤ社員の皆様方に感謝を込めて、これからもコトブキヤプラモで遊び続けたいと思います。これからもよろしくお願いします。