Loading...
Official Contestスティレット×M.S.Gミキシングコンテストスティレット装備拡張プラン試験FRAMEARMSxMSG
array(24) { ["regimgfront"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5385" } ["regimgside"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5386" } ["regimgback"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5387" } ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(184) "a:9:{i:0;s:7:"mainimg";i:1;s:8:"frontimg";i:2;s:7:"sideimg";i:3;s:7:"backimg";i:4;s:8:"subimg01";i:5;s:8:"subimg02";i:6;s:11:"regimgfront";i:7;s:10:"regimgside";i:8;s:10:"regimgback";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(180) "a:3:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:13:"admin_mail_to";s:83:"senden@kotobukiya.co.jp ,shingo@kotobukiya.co.jp ,sora-yanagimachi@kotobukiya.co.jp";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(29) "satoshi.hamano.1993@gmail.com" } ["styletname"]=> array(1) { [0]=> string(61) "SA-16R スティレット<特殊偵察機運用試験型>" } ["comment"]=> array(1) { [0]=> string(1467) "―機体設定― 「敵に対抗するためには、まず敵機を知ることが重要である」との判断により考案された、”対フレズヴェルク用偵察プラン”のスティレット。 腰部に取り付けられた三輪型自走式偵察機”マスティフ”と、左肩のシールド裏に搭載されている小型ドローン”スワーム”による情報収集を主目的としており、火器の類は所持していないが意図せず接敵したときの自衛用武装として右肩に試作大型投剣”フーマ”が備え付けてある。 本体のスティレットは徹底した軽量化が施されている他、通常の腕部では扱うことが難しいフーマのために関節部の延長がなされた右腕に変更されている。 戦地のどこかに潜み、目立たず、ただ情報を集める任務を全うする機体であるため、一部パイロットたちからは「シノビカスタム」などと呼ばれていた。 ―製作者コメント― 「武装モリモリのスティレットは色んな方々がやるだろうから、あえて武装少なめでカスタムしてみよう」と試行錯誤した結果の機体です。 作ってから「そもそも”M.S.Gを纏う”とか”ハードポイントの拡張”がコンセプトの企画なのに、武装少なくしたって駄目じゃねえか」と自分を叱りつけています。" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5858" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1602124151:2" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "2" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(12) "ハマッコ" } ["blocks"]=> array(1) { [0]=> string(90) "1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,6. 左前腕,9. 腰部,10. 右膝下,11. 左膝下" } ["parts"]=> array(1) { [0]=> string(477) "へヴィウェポンユニット19 ソリッドラプター×6コンバートボディ×1ウェポンユニット10 マルチプルシールド×1メカサプライ13 ラジエートフィンA×1ウェポンユニット36 ミサイル&レドーム×6メカサプライ05 ジョイントセットA×1ウェポンユニット19 フリースタイル・シールド×1ウェポンユニット41 バリスティックシールド×1メカサプライ17 エクスアーマーD×1" } ["mainimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5371" } ["frontimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5380" } ["sideimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5381" } ["backimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5382" } ["subimg01"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5383" } ["subimg02"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5384" } ["jyusyousp"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["jyusyoupc"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["ogp_image"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5859" } }

title SA-16R スティレット<特殊偵察機運用試験型>
user name ハマッコ
blocks 1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,6. 左前腕,9. 腰部,10. 右膝下,11. 左膝下
Parts used へヴィウェポンユニット19 ソリッドラプター×6コンバートボディ×1ウェポンユニット10 マルチプルシールド×1メカサプライ13 ラジエートフィンA×1ウェポンユニット36 ミサイル&レドーム×6メカサプライ05 ジョイントセットA×1ウェポンユニット19 フリースタイル・シールド×1ウェポンユニット41 バリスティックシールド×1メカサプライ17 エクスアーマーD×1
comment

―機体設定―
「敵に対抗するためには、まず敵機を知ることが重要である」との判断により考案された、”対フレズヴェルク用偵察プラン”のスティレット。
腰部に取り付けられた三輪型自走式偵察機”マスティフ”と、左肩のシールド裏に搭載されている小型ドローン”スワーム”による情報収集を主目的としており、火器の類は所持していないが意図せず接敵したときの自衛用武装として右肩に試作大型投剣”フーマ”が備え付けてある。
本体のスティレットは徹底した軽量化が施されている他、通常の腕部では扱うことが難しいフーマのために関節部の延長がなされた右腕に変更されている。
戦地のどこかに潜み、目立たず、ただ情報を集める任務を全うする機体であるため、一部パイロットたちからは「シノビカスタム」などと呼ばれていた。

―製作者コメント―
「武装モリモリのスティレットは色んな方々がやるだろうから、あえて武装少なめでカスタムしてみよう」と試行錯誤した結果の機体です。
作ってから「そもそも”M.S.Gを纏う”とか”ハードポイントの拡張”がコンセプトの企画なのに、武装少なくしたって駄目じゃねえか」と自分を叱りつけています。