Loading...
Official Contestスティレット×M.S.Gミキシングコンテストスティレット装備拡張プラン試験FRAMEARMSxMSG
array(24) { ["regimgfront"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5194" } ["regimgside"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5195" } ["regimgback"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5196" } ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(184) "a:9:{i:0;s:7:"mainimg";i:1;s:8:"frontimg";i:2;s:7:"sideimg";i:3;s:7:"backimg";i:4;s:8:"subimg01";i:5;s:8:"subimg02";i:6;s:11:"regimgfront";i:7;s:10:"regimgside";i:8;s:10:"regimgback";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(180) "a:3:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:13:"admin_mail_to";s:83:"senden@kotobukiya.co.jp ,shingo@kotobukiya.co.jp ,sora-yanagimachi@kotobukiya.co.jp";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(29) "nakachan_iyasa10n@yahoo.co.jp" } ["styletname"]=> array(1) { [0]=> string(26) "SA-16Ex-PSB-HIROARI 広有" } ["comment"]=> array(1) { [0]=> string(1643) "「スティレット プラン・スカイボンバーダー」通称「広有(ひろあり)」は、 空中から目的地に強襲し、到達後に砲撃戦を仕掛ける目的で考えられたプランである。 なお「広有」は怪鳥を撃ち落とした武士の名前から取られており、砲撃戦も得意とする轟雷系にあやかり名付けられた。 バーゼラルドの砲撃戦仕様のプランを再検討する形で導入されたプランであり、 肩部に大型のバリア攻勢干渉弾を砲撃するキャノン砲、脚部に小型のバリア攻勢干渉弾を連射するガトリング砲を装備している。 最大の特徴は武装のトリガーをリモートコントロール式にしている点であり、これにより武装を遠距離から自在に操ることができる。 また、通信妨害で遠隔操作が行えない場合は直接武装に接続することで使用することが可能。 なお、高速移動時や弾丸を打ち尽くした際の緊急近接武器として、腕部に射突型ブレードを搭載している。 そして、少しでも速度・制御能力を上げるため、そして「スティレットらしさ」を残してほしいという要望により、 「セイレーンmk.2」といったスティレットのブースターやスタビライザーを取り付けなおしている。 分かりやすいコンセプトや今までのスティレットと同じように扱える点から、パイロットからは好評であり、 砲撃戦仕様の有用性を証明できたといえる。" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5829" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1602051589:2" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "2" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(15) "青色ワイン" } ["blocks"]=> array(1) { [0]=> string(163) "1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,7. 右膝上,8. 左膝上,9. 腰部,10. 右膝下,11. 左膝下,12. 右つま先,13. 左つま先" } ["parts"]=> array(1) { [0]=> string(145) "『スティレット〈装備拡張試験型〉』のパーツ、フォールディングキャノン×2、ハンドガトリングガン×2" } ["mainimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5188" } ["frontimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5189" } ["sideimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5190" } ["backimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5191" } ["subimg01"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5192" } ["subimg02"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5193" } ["jyusyousp"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["jyusyoupc"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["ogp_image"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5830" } }

title SA-16Ex-PSB-HIROARI 広有
user name 青色ワイン
blocks 1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,7. 右膝上,8. 左膝上,9. 腰部,10. 右膝下,11. 左膝下,12. 右つま先,13. 左つま先
Parts used 『スティレット〈装備拡張試験型〉』のパーツ、フォールディングキャノン×2、ハンドガトリングガン×2
comment

「スティレット プラン・スカイボンバーダー」通称「広有(ひろあり)」は、
空中から目的地に強襲し、到達後に砲撃戦を仕掛ける目的で考えられたプランである。
なお「広有」は怪鳥を撃ち落とした武士の名前から取られており、砲撃戦も得意とする轟雷系にあやかり名付けられた。

バーゼラルドの砲撃戦仕様のプランを再検討する形で導入されたプランであり、
肩部に大型のバリア攻勢干渉弾を砲撃するキャノン砲、脚部に小型のバリア攻勢干渉弾を連射するガトリング砲を装備している。
最大の特徴は武装のトリガーをリモートコントロール式にしている点であり、これにより武装を遠距離から自在に操ることができる。
また、通信妨害で遠隔操作が行えない場合は直接武装に接続することで使用することが可能。
なお、高速移動時や弾丸を打ち尽くした際の緊急近接武器として、腕部に射突型ブレードを搭載している。

そして、少しでも速度・制御能力を上げるため、そして「スティレットらしさ」を残してほしいという要望により、
「セイレーンmk.2」といったスティレットのブースターやスタビライザーを取り付けなおしている。

分かりやすいコンセプトや今までのスティレットと同じように扱える点から、パイロットからは好評であり、
砲撃戦仕様の有用性を証明できたといえる。