Loading...
Official Contestスティレット×M.S.Gミキシングコンテストスティレット装備拡張プラン試験FRAMEARMSxMSG
array(24) { ["regimgfront"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5184" } ["regimgside"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5185" } ["regimgback"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5186" } ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(165) "a:8:{i:0;s:7:"mainimg";i:1;s:8:"frontimg";i:2;s:7:"sideimg";i:3;s:7:"backimg";i:4;s:8:"subimg01";i:5;s:11:"regimgfront";i:6;s:10:"regimgside";i:7;s:10:"regimgback";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(180) "a:3:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:13:"admin_mail_to";s:83:"senden@kotobukiya.co.jp ,shingo@kotobukiya.co.jp ,sora-yanagimachi@kotobukiya.co.jp";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(24) "orderofnothing@gmail.com" } ["styletname"]=> array(1) { [0]=> string(69) "スティレット可変機構対応試作アーキテクト対応機" } ["comment"]=> array(1) { [0]=> string(1700) "設定: 新型アーキテクトの機構検証実験用に改修を受けた機体。 大部分をSA-16Exと共用しながらも可変機構を有しており、空中変形を可能とする。 機首部分(人型時の腰裏ユニット)は重量・サイズともに大きなペイロードを誇り変形機構を有したまま各種装備へ容易に換装が可能。 「全てのFAの根幹であり傑作と名高いフレームアーキテクトTYPE001だが、その完成度の高さがFAを人型に縛り、運用上の制約ともなっているのではないか」というアプローチで可変型FAや白虎といった特徴的な機体を調査したあるプロジェクトが「腰部フレームの変更でコストを抑えつつFAの可能性を引き上げることができる」との結果に基づき試作した新型フレームの有用性を地球防衛機構に証明するため拡張パーツ適合試験向けに提案された、「纏う」というより「組み込む」形式での改修案。 スティレット用に飛行形態への変形及びそれに適した各種装備を増設しているが、轟雷系であれば戦車形態への変形など各種FAへの応用が可能とされている。 コメント: という設定なんですが「僕の考えたカッコいい変形ギミック買いませんか」と言いたいがために作りました。以前考えたオリロボの変形ギミックを既存パーツでなるべく再現したものですが、再現出来ないのは前回・今回で検証済みなので、強度とかバランス最適化も含めて正規パーツ化しないかなーとか。" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5820" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1602052731:2" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "2" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(12) "ネムリベ" } ["blocks"]=> array(1) { [0]=> string(117) "1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,5. 右前腕,6. 左前腕,10. 右膝下,11. 左膝下,12. 右つま先,13. 左つま先" } ["parts"]=> array(1) { [0]=> string(203) "エクスアーマーD×1、マルチプルシールド×1、コンバートボディ×1、スパイラルクラッシャー×1、ソリッドラプター×1、ツインリンクマグナム×2" } ["mainimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5179" } ["frontimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5180" } ["sideimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5181" } ["backimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5182" } ["subimg01"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5183" } ["subimg02"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["jyusyousp"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["jyusyoupc"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["ogp_image"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5819" } }

title スティレット可変機構対応試作アーキテクト対応機
user name ネムリベ
blocks 1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,5. 右前腕,6. 左前腕,10. 右膝下,11. 左膝下,12. 右つま先,13. 左つま先
Parts used エクスアーマーD×1、マルチプルシールド×1、コンバートボディ×1、スパイラルクラッシャー×1、ソリッドラプター×1、ツインリンクマグナム×2
comment

設定:
新型アーキテクトの機構検証実験用に改修を受けた機体。
大部分をSA-16Exと共用しながらも可変機構を有しており、空中変形を可能とする。
機首部分(人型時の腰裏ユニット)は重量・サイズともに大きなペイロードを誇り変形機構を有したまま各種装備へ容易に換装が可能。

「全てのFAの根幹であり傑作と名高いフレームアーキテクトTYPE001だが、その完成度の高さがFAを人型に縛り、運用上の制約ともなっているのではないか」というアプローチで可変型FAや白虎といった特徴的な機体を調査したあるプロジェクトが「腰部フレームの変更でコストを抑えつつFAの可能性を引き上げることができる」との結果に基づき試作した新型フレームの有用性を地球防衛機構に証明するため拡張パーツ適合試験向けに提案された、「纏う」というより「組み込む」形式での改修案。
スティレット用に飛行形態への変形及びそれに適した各種装備を増設しているが、轟雷系であれば戦車形態への変形など各種FAへの応用が可能とされている。

コメント:
という設定なんですが「僕の考えたカッコいい変形ギミック買いませんか」と言いたいがために作りました。以前考えたオリロボの変形ギミックを既存パーツでなるべく再現したものですが、再現出来ないのは前回・今回で検証済みなので、強度とかバランス最適化も含めて正規パーツ化しないかなーとか。