Loading...
Official Contestスティレット×M.S.Gミキシングコンテストスティレット装備拡張プラン試験FRAMEARMSxMSG
array(24) { ["regimgfront"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5204" } ["regimgside"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5205" } ["regimgback"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5206" } ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(184) "a:9:{i:0;s:7:"mainimg";i:1;s:8:"frontimg";i:2;s:7:"sideimg";i:3;s:7:"backimg";i:4;s:8:"subimg01";i:5;s:8:"subimg02";i:6;s:11:"regimgfront";i:7;s:10:"regimgside";i:8;s:10:"regimgback";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(180) "a:3:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:13:"admin_mail_to";s:83:"senden@kotobukiya.co.jp ,shingo@kotobukiya.co.jp ,sora-yanagimachi@kotobukiya.co.jp";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(25) "l-6thangel@softbank.ne.jp" } ["styletname"]=> array(1) { [0]=> string(48) "スティレット 試製電子兵装装備型" } ["comment"]=> array(1) { [0]=> string(1354) "試作品のEMP発生装置の実地運用試験を目的とした機体。 同時に同じく試作品の銃剣付きガトリングガンとショットガンも装備させている。 EMP装置は月側FAを瞬時に機能停止させられる威力と十分な有効範囲を持っていたが、サイズ・重量共に非常に嵩張るため運動性を大きく損ねる、敵味方の区別が付かない、エネルギー消費の激しさから本体電源だけでは1度の出撃で精々2回しか使用できないといった欠点から、試験運用の末に実用的ではないと結論付けられ採用は見送られた。 しかし本装備の開発スタッフは開発・改良を続け、その努力が実るのは《ジィダオEA仕様》が装備するサージショックドライバを待つ事になる。 上記の通りジィダオEA仕様の前身となる機体というイメージです。 目玉装備の肝となる筒やフィン状パーツの選定に全く苦労しなかったどころかどれを使うか迷ったくらいな辺りにM.S.G.の底力を垣間見たと思います。 公式コンテスト初参加です。切り貼りはあまりしないので、このようなルール下での公式コンテストというのはいろいろな刺激が得られて楽しかったです。" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5825" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1602051593:2" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "2" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(12) "アカツキ" } ["blocks"]=> array(1) { [0]=> string(163) "1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,7. 右膝上,8. 左膝上,9. 腰部,10. 右膝下,11. 左膝下,12. 右つま先,13. 左つま先" } ["parts"]=> array(1) { [0]=> string(488) "スティレット(装備拡張試験型)×1ハンドガトリングガン×1ベルトリンク×2サムライマスターソード×1フリースタイル・ガン×1ストロングライフル×2ディテールカバーA×1ユナイトソード×2プロペラントタンク〈丸〉×1マルチプルシールド×2リボルビングバスターキャノン×1フレキシブルアームA×1レイジングブースター×1グレイヴアームズ×1ベクタードスラスターA×1" } ["mainimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5198" } ["frontimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5199" } ["sideimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5200" } ["backimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5201" } ["subimg01"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5202" } ["subimg02"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5203" } ["jyusyousp"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["jyusyoupc"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["ogp_image"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5824" } }

title スティレット 試製電子兵装装備型
user name アカツキ
blocks 1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,7. 右膝上,8. 左膝上,9. 腰部,10. 右膝下,11. 左膝下,12. 右つま先,13. 左つま先
Parts used スティレット(装備拡張試験型)×1ハンドガトリングガン×1ベルトリンク×2サムライマスターソード×1フリースタイル・ガン×1ストロングライフル×2ディテールカバーA×1ユナイトソード×2プロペラントタンク〈丸〉×1マルチプルシールド×2リボルビングバスターキャノン×1フレキシブルアームA×1レイジングブースター×1グレイヴアームズ×1ベクタードスラスターA×1
comment

試作品のEMP発生装置の実地運用試験を目的とした機体。
同時に同じく試作品の銃剣付きガトリングガンとショットガンも装備させている。
EMP装置は月側FAを瞬時に機能停止させられる威力と十分な有効範囲を持っていたが、サイズ・重量共に非常に嵩張るため運動性を大きく損ねる、敵味方の区別が付かない、エネルギー消費の激しさから本体電源だけでは1度の出撃で精々2回しか使用できないといった欠点から、試験運用の末に実用的ではないと結論付けられ採用は見送られた。
しかし本装備の開発スタッフは開発・改良を続け、その努力が実るのは《ジィダオEA仕様》が装備するサージショックドライバを待つ事になる。

上記の通りジィダオEA仕様の前身となる機体というイメージです。
目玉装備の肝となる筒やフィン状パーツの選定に全く苦労しなかったどころかどれを使うか迷ったくらいな辺りにM.S.G.の底力を垣間見たと思います。
公式コンテスト初参加です。切り貼りはあまりしないので、このようなルール下での公式コンテストというのはいろいろな刺激が得られて楽しかったです。