Loading...
Official Contestスティレット×M.S.Gミキシングコンテストスティレット装備拡張プラン試験FRAMEARMSxMSG
array(24) { ["regimgfront"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5175" } ["regimgside"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5176" } ["regimgback"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5177" } ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(184) "a:9:{i:0;s:7:"mainimg";i:1;s:8:"frontimg";i:2;s:7:"sideimg";i:3;s:7:"backimg";i:4;s:8:"subimg01";i:5;s:8:"subimg02";i:6;s:11:"regimgfront";i:7;s:10:"regimgside";i:8;s:10:"regimgback";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(180) "a:3:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:13:"admin_mail_to";s:83:"senden@kotobukiya.co.jp ,shingo@kotobukiya.co.jp ,sora-yanagimachi@kotobukiya.co.jp";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(18) "d_7023@yahoo.co.jp" } ["styletname"]=> array(1) { [0]=> string(54) "プラン922〈ソーリーホームワーク〉" } ["comment"]=> array(1) { [0]=> string(1507) "◎全般:SA-16本体を極力改修せず、各種装備の追加による早期戦力化に重点が置かれたプランである。 〇肩部:複数の推進器からなる機動装備。重量増を嫌うパイロットたちの意見から小型軽量化され、後に「ヴァリアブル・スラスター(IOF402)」へ昇華した。 〇腕部:SA-16作戦時における近接戦闘の頻度を鑑み実装された可変ブレード(右腕)と推進器・装甲・火器からなる複合兵装(左腕)。試験後に両兵装は洗練・統合され、ACS「クレイドル」の原型となった。 〇脚部:追加装備の重量増から主脚・ギアを保護する補助装置。同装置と後述のドローンにより他プランの大型兵装試験が代行可能であり、EX計画推進に貢献した。 〇補助兵装:プロペラントタンク(UEユニット)を装備した可変ドローン。空戦FAへの空中補給が可能。補給後は自律行動で基地へ帰還する。プロジェクターによる光学欺瞞やUEユニットからFA同等の出力を発生させ敵センサーを誤認させるTC反応欺瞞も可能。これらの機能は長距離侵攻・囮作戦時等、大いに活用された。    なお本機におけるTC反応制御・感知の研究は、後日、月面陣営侵攻の「目的」解明のための端緒となった。" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5807" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1602052587:2" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "2" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(15) "イシャさん" } ["blocks"]=> array(1) { [0]=> string(153) "1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,7. 右膝上,8. 左膝上,10. 右膝下,11. 左膝下,12. 右つま先,13. 左つま先" } ["parts"]=> array(1) { [0]=> string(300) "プロペラントタンク〈角〉×2 ユナイトソード×1 エクシードバインダー×1 連装砲×1 プロペラントタンク〈丸〉×1 トライデントスピア×1 ソリッドラプター×2 セントリーガン×1 カスタイズヘッドC×1" } ["mainimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5169" } ["frontimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5170" } ["sideimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5171" } ["backimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5172" } ["subimg01"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5173" } ["subimg02"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5174" } ["jyusyousp"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["jyusyoupc"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["ogp_image"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5808" } }

title プラン922〈ソーリーホームワーク〉
user name イシャさん
blocks 1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,7. 右膝上,8. 左膝上,10. 右膝下,11. 左膝下,12. 右つま先,13. 左つま先
Parts used プロペラントタンク〈角〉×2 ユナイトソード×1 エクシードバインダー×1 連装砲×1 プロペラントタンク〈丸〉×1 トライデントスピア×1 ソリッドラプター×2 セントリーガン×1 カスタイズヘッドC×1
comment

◎全般:SA-16本体を極力改修せず、各種装備の追加による早期戦力化に重点が置かれたプランである。
〇肩部:複数の推進器からなる機動装備。重量増を嫌うパイロットたちの意見から小型軽量化され、後に「ヴァリアブル・スラスター(IOF402)」へ昇華した。
〇腕部:SA-16作戦時における近接戦闘の頻度を鑑み実装された可変ブレード(右腕)と推進器・装甲・火器からなる複合兵装(左腕)。試験後に両兵装は洗練・統合され、ACS「クレイドル」の原型となった。
〇脚部:追加装備の重量増から主脚・ギアを保護する補助装置。同装置と後述のドローンにより他プランの大型兵装試験が代行可能であり、EX計画推進に貢献した。
〇補助兵装:プロペラントタンク(UEユニット)を装備した可変ドローン。空戦FAへの空中補給が可能。補給後は自律行動で基地へ帰還する。プロジェクターによる光学欺瞞やUEユニットからFA同等の出力を発生させ敵センサーを誤認させるTC反応欺瞞も可能。これらの機能は長距離侵攻・囮作戦時等、大いに活用された。  
 なお本機におけるTC反応制御・感知の研究は、後日、月面陣営侵攻の「目的」解明のための端緒となった。