Loading...
Official Contestスティレット×M.S.Gミキシングコンテストスティレット装備拡張プラン試験FRAMEARMSxMSG
賞
array(24) { ["regimgfront"]=> array(1) { [0]=> string(4) "4135" } ["regimgside"]=> array(1) { [0]=> string(4) "4136" } ["regimgback"]=> array(1) { [0]=> string(4) "4137" } ["_mwf_upload_files"]=> array(1) { [0]=> string(184) "a:9:{i:0;s:7:"mainimg";i:1;s:8:"frontimg";i:2;s:7:"sideimg";i:3;s:7:"backimg";i:4;s:8:"subimg01";i:5;s:8:"subimg02";i:6;s:11:"regimgfront";i:7;s:10:"regimgside";i:8;s:10:"regimgback";}" } ["_mw-wp-form_data"]=> array(1) { [0]=> string(180) "a:3:{s:15:"response_status";s:13:"not-supported";s:13:"admin_mail_to";s:83:"senden@kotobukiya.co.jp ,shingo@kotobukiya.co.jp ,sora-yanagimachi@kotobukiya.co.jp";s:4:"memo";s:0:"";}" } ["mail"]=> array(1) { [0]=> string(25) "allegro.confoco@gmail.com" } ["styletname"]=> array(1) { [0]=> string(40) "SA-16Exプラン545<バゼラード>" } ["comment"]=> array(1) { [0]=> string(1488) "拡張パーツ適合試験プラン545結果報告書 1試験プラン概要 本試験プランはSXプロジェクトにて開発中のYSX-24に使用される予定の新推力ユニットであるフォトンブースターを既存機体へ外付けすることにより機動性を向上しNSG-Xシリーズに対抗できるかを検討するものである. 2機体概要 試験プランにて使用するSA-16Exには外付けできるようパッケージされたコンポジットフォトンブースター(CFB)18基を機体各所に配置した.CFBの配置パターンはYSX-24を参考とし戦闘機動モーションの水平利用をできるよう考慮した.また試験におけるNSG-Xシリーズとの交戦時を想定し対TCS用の試作ライフルと試作弾頭を携行した. 3試験結果 NSG-Xとの交戦試験の結果,被弾率の低下と目標のロックオン時間向上から追加装備による機動性向上が認められた.一方でフォトンブースター専用設計のYSXと比べて機体全体で見た際の推力重量比が小さくなったため戦闘継続時間が想定値を下回り,SA-16シリーズと比べ戦闘継続時間が40%低下した. 4まとめ  本プランでは以下の知見を得た. ・フォトンブースターによる既存機体の機動性強化は実戦投入レベルには達しないが限られた条件下においてはNSG-Xシリーズへの対抗手段となりうる." } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5453" } ["_edit_lock"]=> array(1) { [0]=> string(12) "1602053414:2" } ["_edit_last"]=> array(1) { [0]=> string(1) "2" } ["_expiration-date-status"]=> array(1) { [0]=> string(5) "saved" } ["name"]=> array(1) { [0]=> string(18) "こんふぉーこ" } ["blocks"]=> array(1) { [0]=> string(163) "1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,7. 右膝上,8. 左膝上,9. 腰部,10. 右膝下,11. 左膝下,12. 右つま先,13. 左つま先" } ["parts"]=> array(1) { [0]=> string(1407) "ハンドユニット ノーマルハンド・ネオX1、メカサプライ01 フレキシブルアームAX1、メカサプライ02 フレキシブルアームBX1、メカサプライ04 プロペラントタンク〈丸〉X2、メカサプライ05 ジョイントセットAX2、メカサプライ06 ジョイントセットBX2、メカサプライ08 エクスアーマーBX2、メカサプライ09 エクスアーマーCX1、メカサプライ10 ディテールカバーAX3、メカサプライ11 ジョイントセットCX1、メカサプライ20 ジョイントセットDX1、ヘヴィウェポンユニット01 ストロングライフルX1、ヘヴィウェポンユニット 08 セントリーガンX1、ヘヴィウェポンユニット 17 リボルビングバスターキャノンX1、へヴィウェポンユニット 19 ソリッドラプターX1、ウェポンユニット04 マルチミサイルX4、ウェポンユニット07 ツインリンクマグナムX2、ウェポンユニット08 バトルランスX2、ウェポンユニット09 ニュースナイパーライフルX1、ウェポンユニット 37 アサルトライフル2X1、ウェポンユニット 38 ボムセットX2、ウェポンユニット 39 連装砲X2、ウェポンユニット41 バリスティックシールドX1、ウェポンユニット43 エクスキャノンX1、エクステンドハードポイント[W]X1" } ["mainimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "4129" } ["frontimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "4130" } ["sideimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "4131" } ["backimg"]=> array(1) { [0]=> string(4) "4132" } ["subimg01"]=> array(1) { [0]=> string(4) "4133" } ["subimg02"]=> array(1) { [0]=> string(4) "4134" } ["jyusyousp"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5841" } ["jyusyoupc"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5842" } ["ogp_image"]=> array(1) { [0]=> string(4) "5452" } }

title SA-16Exプラン545<バゼラード>
user name こんふぉーこ
blocks 1. 頭部,2. 右肩,3. 左肩,4. 胸部,5. 右前腕,6. 左前腕,7. 右膝上,8. 左膝上,9. 腰部,10. 右膝下,11. 左膝下,12. 右つま先,13. 左つま先
Parts used ハンドユニット ノーマルハンド・ネオX1、メカサプライ01 フレキシブルアームAX1、メカサプライ02 フレキシブルアームBX1、メカサプライ04 プロペラントタンク〈丸〉X2、メカサプライ05 ジョイントセットAX2、メカサプライ06 ジョイントセットBX2、メカサプライ08 エクスアーマーBX2、メカサプライ09 エクスアーマーCX1、メカサプライ10 ディテールカバーAX3、メカサプライ11 ジョイントセットCX1、メカサプライ20 ジョイントセットDX1、ヘヴィウェポンユニット01 ストロングライフルX1、ヘヴィウェポンユニット 08 セントリーガンX1、ヘヴィウェポンユニット 17 リボルビングバスターキャノンX1、へヴィウェポンユニット 19 ソリッドラプターX1、ウェポンユニット04 マルチミサイルX4、ウェポンユニット07 ツインリンクマグナムX2、ウェポンユニット08 バトルランスX2、ウェポンユニット09 ニュースナイパーライフルX1、ウェポンユニット 37 アサルトライフル2X1、ウェポンユニット 38 ボムセットX2、ウェポンユニット 39 連装砲X2、ウェポンユニット41 バリスティックシールドX1、ウェポンユニット43 エクスキャノンX1、エクステンドハードポイント[W]X1
comment

拡張パーツ適合試験プラン545結果報告書
1試験プラン概要
本試験プランはSXプロジェクトにて開発中のYSX-24に使用される予定の新推力ユニットであるフォトンブースターを既存機体へ外付けすることにより機動性を向上しNSG-Xシリーズに対抗できるかを検討するものである.
2機体概要
試験プランにて使用するSA-16Exには外付けできるようパッケージされたコンポジットフォトンブースター(CFB)18基を機体各所に配置した.CFBの配置パターンはYSX-24を参考とし戦闘機動モーションの水平利用をできるよう考慮した.また試験におけるNSG-Xシリーズとの交戦時を想定し対TCS用の試作ライフルと試作弾頭を携行した.
3試験結果
NSG-Xとの交戦試験の結果,被弾率の低下と目標のロックオン時間向上から追加装備による機動性向上が認められた.一方でフォトンブースター専用設計のYSXと比べて機体全体で見た際の推力重量比が小さくなったため戦闘継続時間が想定値を下回り,SA-16シリーズと比べ戦闘継続時間が40%低下した.
4まとめ
 本プランでは以下の知見を得た.
・フォトンブースターによる既存機体の機動性強化は実戦投入レベルには達しないが限られた条件下においてはNSG-Xシリーズへの対抗手段となりうる.